本文へスキップ

ニキビを治す・ほうれい線を消す美容方法を掲載中

ニキビの豆知識

ニキビ跡の原因と改善

ニキビ跡の症状は主にクレーターやしこり、赤ら顔、ケロイド、赤二キビ、毛穴開き等の症状をおこしてしまい、非常に治りにくいと言われています。

ニキビ跡の治療や改善方法はさまざまで、ピーリングやレーザーで綺麗にする機械、サプリメント、化粧品、洗顔、パックなどがあります。

ニキビ跡を改善するには、原因を考えることで、ニキビ跡改善の改善方法がわかってきます。

ニキビ跡を治すには、そもそもニキビを防止すればよいのですが、すでにニキビ跡の状態の場合、原因を知り、初期の段階で正しい方法で対処していけば、ニキビ跡の改善度合いも変わります。

放置するより、改善しようとする気持ちは大切です。

ニキビ跡の原因は、まず二キビ跡を切り傷に例えると理解できます。

鋭い刃物できれいに切った傷と、皮膚をかなり複雑に切った傷では、傷の治る速度や傷跡がきれいに治るか治らないかに差が出き、また、傷の深さによっても傷跡が残る、残らないに差が出ます。

浅い傷の場合、バンドエイドや包帯で傷を保護する程度で傷跡は残らず数日間できれいに治ります。

しかし、繰り返し同じ場所に傷がつくと次第に傷が深くなり、皮膚深部の組織を壊すため治った後に、でこぼこ、シコリ、ケロイドなどの生涯の傷跡になります。

それが二キビ跡です。

二キビが同じ部分に繰り返しできれば、皮膚深部分の組織が複雑に壊され、結果的に二キビ跡になってしまいます。

ニキビ跡は、食生活や生活習慣を見直すことで、改善されたり、防止することもできます。

今一度自分の生活を見直してみてはいかかでしょうか。