本文へスキップ

ニキビを治す・ほうれい線を消す美容方法を掲載中

小顔になりたい

自宅で小顔を手に入れる方法

キュッとしまったアゴに、ほっそりとしたフェイスライン。
女性なら、誰もが小顔にあこがれるものです。
もともとの骨格だから仕方ない、とあきらめている人も多いと思いますが、
実は自宅でできる「小顔になる方法」があります。
いずれも引き締め効果が高いですので、ぜひおためしください。

■大きな口で発声練習
「あ・い・う・え・お」を、思いっきり口を大きく開けて発声します。
1文字ごとに2〜3秒かけて、ゆっくりとおこないましょう。
普段なかなか刺激されない表情筋をきたえることで、顔が引き締まり、
小顔効果があります。
人目が気になる時は、声を出さずにおこなっても可です。

■舌の運動
日常の中で、口の外に出す機会はあまりないのが、舌。
まっすぐに出して、上下左右に伸ばせるところまで伸ばし、最後に大きく円を
描くようにまわしてみましょう。
頬やアゴの筋肉が刺激され、顔全体が引き締まっていきます。

■リンパを流す
顔にもリンパ管は通っています。
ここに余計な水分や老廃物がたまってしまうと、顔がむくんでしまうので、
ぜひスキンケアのついでに流す習慣をつけましょう。
たとえば化粧水や乳液をつける時、ただパッティングするのではなく、
下から上へと持ち上げるように指をすべらせます。
おでこまで来たら、今度はこめかみ、耳の内側、そして首の外側を通って、
鎖骨まで流していきましょう。
体内にあるすべてのリンパ管の出口は鎖骨といわれています。
おでこから鎖骨までのリンパをしっかり流すことで、顔のむくみをとり、
小顔に近づけることができますよ。
骨格の矯正などをおこなわなくても、自宅でちょっとした習慣をつけるだけで人に
よってはかなり顔がスッキリとしてきます。
首や肩のコリも、血行の悪さから顔のむくみにつながりますので、ストレッチや
マッサージをして解消したいものです。

もっと具体的に小顔になる方法を知りたい方は、最後までお読み下さい。

「人間は外見じゃない、中身だ」という人がいますが、残念ながらそれは真実では
ありません。
ほとんどの人は無意識の内に、見た目でその人の中身を想像して判断して
しまうのです。しかも、その判断は初めて出会ってからたったの6秒!
そのたった6秒の間に「いいな」「嫌だな」と判断します。
これは、メラビアンの法則と言われています。
この法則によると初対面の人を認識する時、その印象を左右するのは、殆どが
「視覚情報=見た目」。
言葉そのものの意味や話の内容などの「言語情報=内面」はたったの【7%】
しかないと言われているんです。
つまり、人の印象を左右するのは圧倒的に「見た目」なんです。
特に若い女性は皆、見た目を良くしようと頑張っており、そんな悩める女性に
向けた最適な教材(DVD)となっております。

1日5分で憧れのモテ系小顔に!小顔&美顔フェイスケアマニュアル!
 大澤美樹監修「モテ小顔ラボ」